チェックポイント−ソフトテニスマニア
チェックポイント



*甲部分
 足と甲の間がゆるいとマメが出来やすく、きついと血行が悪くなって疲れやすくなります。 基本的にはシューレースで調節しますが、それでも合わない場合は、そのシューズは止めましょう。
 中足部をしっかりと締めれば、前足部は多少ゆるくてもかまいません。

*つま先部分
 シューズを履いて立った時に足の指を動かして、自由に動くか確認してください。 1.0〜1.5cmくらいの余裕は必要です。
 親指や小指の付け根はきついと骨の異常を招いてしまうこともあるので注意が必要です。

*アーチ部分
 アーチクッションが土踏まずとずれていると、アーチに摩擦が生じ、疲労を招いたり、やマメができる原因になります。
 偏平足の人はアーチクッションを外した方がいい場合もあります。

*かかと部分
 かかとを浮かしてシューズが逃げてしまうようでは、着地する時に不安定になり危険です。
 シューズが脱げてしまう様であれば、ワンサイズ小さいものを選ぶと良いでしょう。 かかとをくわえ込むようにフィットするのがベストです。
 かかとの出っ張りが少なくシューズが脱げ易い人は、ミッドカットやハイカットがおすすめです。


Copyright(C) 2008
ソフトテニスマニア

チェックポイント−ソフトテニスマニア