重さとクッション−ソフトテニスマニア
重さとクッション



 テニスシューズの重さは、290〜410gくらいまで色々な重さのものがあります。 テニスシューズの軽量化は、足や身体への負担を軽減し長時間のプレーにおいて軽快なフットワークをサポートします。
 但し、軽いからという理由ばかりで選んでいると、軽くするために足を守る機能やプレイを助ける機能が省かれているタイプも少なくないので軽さのみに気を取られないようにしましょう。
 足にフィットしたシューズは、比較的軽く感じるものです。

 膝の痛みがある人はクッション性もポイントです。 吸収に優れているものを選びましょう。
 歩行中に足にかかる負担は、体重の1.2倍の重量がかかりますが、プレー中の瞬間的な動きでは4〜5倍になると言われています。 テニスは、非常に足に負担のかかる競技で、テニスシューズを選ぶ際に決して犠牲に出来ないのは耐久性を含めたクッション性です。
 各シューズメーカー共、新素材の採用などによりクッション性を損なう事なく軽量化する技術に取り組んでいます。


Copyright(C) 2008
ソフトテニスマニア

重さとクッション−ソフトテニスマニア