ガットのテンション−ソフトテニスマニア
ガットのテンション



 テンションとは、ガットを張り上げる硬さの数値です。 フレームによって適正テンションは様々です。 同じラケットでもフェイス面(ラケットの面)の大きさで適正の数値は違います。
 面の小さいミッドサイズと面の大きなオーバーサイズでは同じテンションで張ると、ガットを通す穴の間隔が狭くなり面圧が高くなるのでミッドサイズのほうが硬く仕上がります。
 最初はフレームの特性を知るために、中間の数値で張ってみると良いでしょう。

*低いテンション(緩く張る)は、ガットの弾力性でボールが良く飛びます。 緩く張ることによりガットのしなりを利用してボールを飛ばすので、トランポリンのような要領でボールを飛ばしやすいのです。
 またボールがガットに接触している時間が長いためにボールにスピンがかかりやすくなります。

*高いテンション(硬く張る)は、ボールの飛びを抑え、コントロール性が良くなり、スイングスピードに応じた速さのボールを打つ事が出来ます。


Copyright(C) 2008
ソフトテニスマニア

ガットのテンション−ソフトテニスマニア