ガットの材質−ソフトテニスマニア
ガットの材質



*ナイロンガット(シンセティックガット)
 現在おもに使用されているガットです。 ナチュラルガットに比べ価格が低価格であり、プレイスタイルに合わせて様々なタイプのものが作られています。
 一部のプロ選手と一般上級者プレイヤーを除き、大半のプレイヤーがナイロンガットを使用しています。

*ナチュラルガット
 ナイロンガットと打ち比べてみると、ナチュラルガットの方が打球感が良いのが特徴です。 性能の保持力も抜群で、張り上げてからのゆるみが遅く、ナイロンに比べると倍の保持力を持っています。
 価格が安いものでも数千円からと高価である為、あまり一般的とは言えませんが、牛の腸という天然繊維ならではの弾力性から生まれるマイルドな打球感、反発性、ホールド製、振動吸収性、テンション維持力、コントロール性の良さから初中級者向きのガットと言えます。
 天候に関係なくプレイ出来る様にコーティングがされています。

*ポリエステルガット
 特にスピン系のハードヒッターでガットが切れやすいプレイヤーに人気があります。
 切れにくいという耐久性はありますが、伸びに関しては劣るため、頻繁に切れる人にはお勧めですが、数ヶ月間は張りっぱなしにする人にはあまり向いてはいない材質です。


Copyright(C) 2008
ソフトテニスマニア

ガットの材質−ソフトテニスマニア