ラケットの長さ−ソフトテニスマニア
ラケットの長さ



*現在は長いラケットが主流です。 一昔前のラケットと比べると全体的に10〜20mm長くなっています。
 長い分、高い打点からの打球が可能になり、サーブのときなどにパワーが増すといった利点があります。 シャフトが長くなる分、しなりも出るので、さらに威力のある打球が可能になります。 またスピンのかかりも良くなります(長ければ長いほど効果的)。

 ソフトテニスを新しく始める人は、長いラケットから始めたほうが違和感無く使えるようになるので、ロングタイプがおすすめです。
 但し、体の近くのボールは処理しにくいというデメリットもあります。

*短いラケットは打点が体に近くなるので、ボールを正確に捕らえやすいという利点があります。 長いラケットが多く出回るようになる以前からソフトテニスをしていて、スタンダードサイズを使用していた人には長いラケットでは打点がずれてしまうこともあります。
 最近は上級モデルだけにスタンダードサイズが作られています。


Copyright(C) 2008
ソフトテニスマニア

ラケットの長さ−ソフトテニスマニア