ラケットのバランス−ソフトテニスマニア
ラケットのバランス



 ラケットが静止した状態で吊り合いの取れるポイントをグリップエンドからの長さで表示し、数値が小さいほどトップライト、逆に数値が大きいほどトップヘビー、その中間がミディアムになります。

*トップライトのラケットは、重心が手元近くにあり、実際のラケットの重量よりも軽く感じます。
 振り上げるまでのスピードが早くなるので、ネットプレイヤーなど俊敏な動きを必要とするボレーを中心の前衛に向いています。

*トップヘビーのラケットは、重心がラケットの先にあり軽いラケットでもパワーダウンしないように、遠心力や重力を味方に付け、強い打球を打ち出します。 梃子の原理のような感じです。
 強いボールを打つ事ができるので、ストローク中心の後衛に向いています。

*ミディアムはトップライトとトップヘビーの両方の特性を持ち合わせたものです。
 幅広いスタイルを目指すならミディアムがおすすめです。


Copyright(C) 2008
ソフトテニスマニア

ラケットのバランス−ソフトテニスマニア